低金利の借り換えカードローンの案内が来た

低金利の借り換えカードローンの案内が来た

私はショッピングが大好きで気に入ったものを買わずにいられない性格なのですが、
カードローンで15万円ほど借りており、毎月の元金返済額が約5千円、
利息が約2千円くらいで少しずつ辛くなっていました。

 

そんな時に銀行から案内が届き、何かなーと開いてみると低金利カードローンへの借り換えのススメでした。
内容はというと、残高10万円までは月々1万円で、残高が10万円を切ったら月々5千円になるという
銀行カードローン乗り換えの案内でした。

 

これをしっかり計算してみると、利息分の支払いがだいぶ安くなることがわかりました。
どうせ返済するのなら、利息は少ないに越したことはないですよね。
低金利のカードローンの方がいいに決まっています。

 

私はその案内に従い、残高が10万円になるまでは月1万円ずつ払い、少しでも早く返済を終えるようにしました。
元金返済が毎月5千円で、その度に利息が2千円も付くのでは最終的にたくさん払わなくてはならなくなります。
それに比べ、この銀行カードローンに借り換えれば、最初は毎月の返済が多くなりますが、
結果的にはお得なので断然乗り換えるべきですね。

 

他にも、借入が複数件数ある場合などは、複数の借入を一本化するおまとめローンもあります。
返済日が月1回に減るのも、なんだか負担が減った気がして精神的にも楽になります。
何より、借入額を合計すれば借入額が大きくなり、そうすれば金利も下がります。
100万円を超えるような借入の場合は10%以下の低金利になる場合もあるようです。

 

ただ、おまとめローンの審査は厳しいという点には注意です。
特に銀行カードローンは低金利で魅力的ですが、なかなか審査に通りません。

 

アコムやプロミスなら銀行カードローンに比べれば比較的審査も甘めですよね。
提携ATMも多くて利用しやすいのもメリットです。

 

Q.「でも、総量規制を超えるような借入だと消費者金融だとおまとめできないのでは?」
A.大丈夫です。総量規制の例外があります。

 

総量規制があり、通常であれば年収の1/3以上は借りることはできませんよね。
でも例外があります。

 

顧客に一方的有利となる借換え

 

総量規制には、”除外”または”例外”となる条件があり、『顧客に一方的有利となる借換え』は例外にあたります。
ですので、複数機関からの借入を一本化する場合、『顧客にとって一方的有利となる借り換え』であれば、
アコムやプロミスでも借り換え(おまとめ)ローンが組めるんですね。

 

これは知らない人が多いので、銀行カードローンの借り換えがうまく行かなかった人は
アコムやプロミスに相談してみるといいですね。